油のお話

ショートニングパーム油

このサイトは出来るだけ、材料はシンプルであることにこだわっています。
近所の実店舗でお買い求めができて、その後に料理やお菓子づくりなどに使い回しがきくことです。
もし、石けん教室の先生としてたくさんのレッスンをこなすために、たくさんの石けんの材料を必要としたり、目先が変わった高級な材料を手に入れる場合なら、業務的な専門ネットショップなどで購入してもいいと思います。
でも、どれだけの普通の人がそれを必要としていることでしょうか?

洗うことは、日常のひとこま。
そして、手づくり石鹸は大体ブロック単位でできるので、1度作ってしまうと、家庭内で消費できるまで、随分と時間がかかります。
すてきな石けんがいっぱい出来たから、たくさんの人に配ってまわりたいけど、それはかなわないことです。

石けんのストックがつきてきて次に石けんを作る頃には、材料が酸化したりダメになってしまっている可能性もあります。
だからこそ、石けんづくりの材料は使いまわしがきくに尽きます。

パームオイルは酸化しづらい飽和脂肪酸から成り立っていますが、持ちがいい材料です。
でも、いつまでも残っているよりは、料理などに使えたらいいですよね。
私は、KALDYという輸入食材店で「ショートニング」の名称のものを購入しています。
ショートニングにはいろいろあって、パーム油100%でないものもあるので、必ず原材料の欄を確認してください。
パンづくりに活用をしています。

他の石けんづくりの材料の油のこと、このサイトには別ページで掲載をしています。
少し難しい脂肪酸のお話なども交えていますが、どうしてこの石けんレシピはこの油脂を選んだのだろう?と疑問に思われた時の参考にもなるかと思います。
是非ご覧下さい。

石けんづくりの油のこと