南国のココナッツミルク石けん

南国のココナッツミルク石けん


冬の木枯らしが凍えそうに身体に響く季節。
南国リゾートへ思いをはせつつ仕込むのがこのオレンジ色の石鹸。
自宅のバスルームでもトリップしたように南国気分が味わえるココナッツミルクの石鹸で、身も心もたっぷり潤わせます。

 

・材料
(牛乳パック1Lサイズ1本分)
ピュアオリーブオイル・・・220g
米油・・・50g
ハイリノールひまわり油・・・50g
ココナッツオイル・・・90g
レッドパーム油・・・90g

苛性ソーダ・・・66g
精製水・・・115g

ココナッツミルク(液体) 60cc

フランキンセンス精油 1cc
オレンジスウィート精油 4cc
ゼラニウム精油 2cc

 
・作り方
「基本の石けんの作り方」に従って作成します。

・ココナッツミルクの入れ方
トレースが出た石けん生地にココナッツミルク60ccを入れて、よく混ぜ合わせます。
(参照:牛乳石けんの作り方)

・花形の作り方
型出しして間もないやわらかい石鹸(白orベージュ)を付箋紙サイズに薄くカットして、くるくると巻き上げます。

・花形の挿し方
石けん生地を型入れ保温後、1~2時間くらいして、事前に作っておいた花形をもったりして固まりきっていない石けんのトップに挿していきます。挿し終わったら、すぐに石けんを保温工程に戻してください。
挿す作業の際は石鹸生地が冷えないように、保温箱から出さないようにするなど工夫をしましょう。

・夏用のココナッツミルク石けんにするには
石鹸生地のレシピを「もっちりソープ」にすると夏向けのさっぱりしっとりした使用感の石けんになります。パームオイルはレッドパームオイルに置き換えてください。