蜜柑の石けん

mikan-01


冬はやはりコタツに入って、蜜柑!に限りますね。
そんなあたたかで豊かな気持ちになれる蜜柑の石けん。
オレンジバターという珍しい材料を使用しますが、このオレンジバターを石けんにした際の使用感はまるで肌の上でとろけるオレンジシャーベットのようです。
香りもジューシーな柑橘系。
お風呂で蜜柑のシズル感を味わえる異色石けんを是非お楽しみください。

 

・材料
(牛乳パック1Lサイズ1本分)
●下レイヤー 250gパッチ 
ピュアオリーブ油  100g
ココナッツ油    40g
パーム油 35g
米油 25g
ひまし油 25g
オレンジバター 25g
みかんの皮浸出マカダミアナッツオイル 小さじ1
みかんの皮パウダー   小さじ1/2
精製水     88g
苛性ソーダ     32.5g

●上レイヤー 250gパッチ 
ピュアオリーブ油  100g
ココナッツ油    40g
レッドパーム油 35g
米油 25g
ひまし油 25g
オレンジバター 25g
みかんの皮浸出マカダミアナッツオイル 小さじ1

精製水     88g
苛性ソーダ  32.5g

 
・作り方
「基本の石けんの作り方」に従って作成します。
2層石けんになるので、まずはレッドパームオイルが配合されたオレンジ色の石けん生地を作って型に流し入れます。
下層のオレンジの石けん生地の保温中に上の層の石けん生地を作成します。トレースが出たらオレンジの石鹸生地の上にそっと流し入れて保温します。

・みかんの皮浸出マカダミアナッツオイルの作り方
蜜柑の皮をちぎり、天日干しして乾燥させます。
清潔な瓶にマカダミアナッツオイル50ccを入れて、ヒタヒタになるまで蜜柑の皮を浸します。
ぬるま湯浸出法で浸出オイルを作ります。
(参照:ハーブ浸出オイルをつくる

・みかんの皮パウダーの作り方
蜜柑の皮をちぎり、天日干しして乾燥させます。
ミルサーにかけて、粉末にします。

・みかんの皮パウダーの入れ方
上の石けん生地の層にはみかんの皮パウダーを配合します。
トレースが出たら別ボウルに石けん生地をお玉1杯分取り分けて、ダマにならないようにみかんの皮パウダーをまんべく混ぜ合わせ、全体のボウルに戻して混ぜ合わせ、型入れをします。
(参照:オプション粉末の入れ方

・みかんの皮浸出マカダミアナッツオイルの入れ方
スーパーファットと言われる技法で、トレースが出た型入れ前の石けん生地に配合します。詳しい配合方法は、こちらをご参照ください。(参照:オイルをひと匙

・オレンジバター
mikan-02
オレンジ果皮油やワックス、スウィートアーモンドオイルなどで構成された複合オイル。
手作り化粧品の材料販売ネットショップで購入できます。