紫根の石けん

紫根石けん

紫根は独特の香りがあるけど、この高貴な紫色にはぐぐっと心惹かれます。
美肌効果も高いと言われている紫根の成分。
この美容成分をなるべく損なわないように、そっと石けんに閉じ込めてみましょう。

 

・材料
(牛乳パック1Lサイズ1本分)
紫根浸出ピュアオリーブオイル・・・250g
米油・・・75g
ココナッツオイル・・・100g
パームオイル・・・75g

苛性ソーダ・・・70g
精製水・・・175g

ティートゥリー精油 4cc
ローズマリー精油 1.5cc
はっか油 1.5cc

 
・作り方
「基本の石けんの作り方」に従って作成します。

・紫根浸出オイルの作り方
清潔な瓶に細かくした紫根(10g)を入れ、ピュアオリーブオイル350gを注ぎ入れます。
ぬるま湯浸出法で抽出をはかります。(参照:ハーブ浸出オイルでつくる

・紫根は70℃以上の加熱で美容成分の効果効能を失う
紫根浸出オイルを作る際に、くれぐれも湯煎用のぬるま湯の温度は60℃を越えないようにしましょう。
また、石けん作りに入っても、直火にかけた状態の湯煎作業は避け、70℃にしたお湯で湯煎をしましょう。
その為、常温で固まるオイル(パームオイルやココナッツオイル、シアバターなど)は事前にしっかりと湯煎で温めて液体状に溶かしておきましょう。

・紫根の色変化
紫根浸出オイル


紫紺浸出オイルは●赤紫色●
アルカリ(苛性ソーダ水溶液)と反応すると
●青色●
型入れ→保温後は●灰色●
カットして空気に触れさせると●紫色●

という風に変化していきます。