石けんをよりよく使うために

よいよく使う石けん

バスルームに入ると、ふわりと香るアロマエッセンシャルオイル。
自分がつくったあの石けんでたっぷり洗える時間を思うと、心が浮きたちます。
大好きな手づくり石けんで洗う時間をもっとすばらしくするために。

 


yoriyoku02溶けくずれがはげしい手づくり石けん。
空気中の水分をひきよせる特性をもつグリセリンもたくさん含んでいるため、浴室で使っているとすぐにドロドロに溶けてしまいます。
硬い市販の石けんを置くための石けん置きに手づくり石けんを置くと、グズグズにくずれ溶けます。

おすすめなのが、スポンジを石けん置きの下にひくこと。
余分な水分をスポンジが吸ってくれて、石けんが溶けくずれることはありません。
スポンジはたまに洗って乾かすと、繰り返し長く使えます。



yoriyoku03石けんでどのように洗顔されていますか?
特に乾燥肌の人にとって、しっとりした洗い心地の石けんは日々の洗顔にはかかせないものです。

オリーブオイルをメイン油脂にしたオレイン酸たっぷりの石けんは、「皮脂を残して、細胞間脂質を洗い流す」特性をもちます。
乾燥肌にとって大切な皮脂は残して1日の汚れなど肌にとって余分なものを洗い流してくれる選択洗浄性はとても嬉しいのですが、細胞間脂質(セラミドなど)も洗い流してしまいます。

こういった性質のため、オレイン酸メインの石けんでは「短時間で1回のみの洗顔にすること」。
時間をかけて何回も洗えば洗うほど、細胞間脂質まで洗い流してしまいます。
せっかくやさしい、素晴らしい手づくり石けん。正しく使っていきましょう。


 
 
tugihe