石けん型のつくり方

石けんの型の作り方

身近にある牛乳パックやお菓子の容器、プロ仕様のアクリルモールド。
型を選ぶことから、石けん作りへの愛おしさがはじまります。

 
 
牛乳パック
牛乳パック型初心者さんは、まずこの型から。
素朴で懐かしい味わいの石けんになります。

 
牛乳パックをよく水洗いして、乾かす。

牛乳パック型ぐぐっと注ぎ口を上にして畳み込み、ガムテープで固定。

牛乳パック型カッターナイフでドアをつくり、石けん生地の注ぎ口とする。

 
※保温後、四隅にカッターナイフを入れるようにして切り開き、展開して型出し。

 
ポテトチップスの空き容器
プリングルスの容器丸いカワイイ石けんをつくってみたいなら。
型出しの後に、筒状の石けんをカットして出来上がり。

 
底の金属面をカッターナイフなどで切り落とす。


プリングルスの型底にラップを貼り、マスキングテープと輪ゴムで固定。フタを底に取りつける。


プリングルスの型クリアファイルを切り取り、丸めて筒状にして、容器の中に入れて、中敷にする。

 
※保温後、ビリビリと紙容器を破って、型出し。


 
アクリルモールド
アクリルモールドカクッとキレイなプロ仕様の石けんをつくるのであれば。
繰り返し使っていけるのも魅力。

 
底にラップをピンと貼る。


アクリルモールド受け皿にセット。


アクリルモールド型出し※保温後、ラップをはずす。
石けんを押し出し板の上にのせて、モールドを押し下げるようにして、型出しする。


 
 
 
基本の手作り石けんの作り方